第一弾 行政書士

・・・・
短期合格に特化したマニュアル

◆ 非常識な内容の一部をご紹介しましょう

      

行政書士試験は、実務家試験ではなく
大学教授が問題作成する、教養試験

対策法の第一歩は、大学の法学教育で基本とされている論点を
分析すること※1

基本テキストや問題集に、行政書士試験用の
対策本を選ぶべきではない?!

と言って、大学の基本書を読みこなすには
時間がかかりすぎるし、頭に定着させにくい
選ぶ基本テキストは? 問題集は?

予備校はあくまでも補助手段

利用しても良い単科講座は、この講座
〇〇塾 S講師の「民法」
〇〇塾 Y講師の「一般知識」
〇〇〇 M講師の「法学検定」

一日2時間、6ヶ月間のスケジュール

短期必勝スケジュールは、これ

奥が深い憲法を、主要科目としない

8割正答など、決してねらうべきでない

商法はいまだ捨て科目、費用対効果が悪すぎる

あえて準備するなら?
(商法は合格後に、じっくり勉強してください)

短期合格のための主要3科目は
1) 行政法   2)一般知識  3)民法

まず主要3科目を攻略すること!
合格のために必要な論点は?

試験対策に過去問は必要ない?!
過去問対策が必須な2科目とは?

新試験制度導入後、行政書士試験は以前とは
全く異質なものとなっています

知識を確実に定着させる方法

横の反復と、縦の反復の具体的な方法は?
スパイラル方式とは?

5年間の他資格試験分析で、分かった事とは?

このマニュアルは、司法書士・行政書士・宅建主任・
法学検定・公務員試験の分析に基づいて
作成しています

ズバリ!平成24年度試験の論点は?

本年度試験の論点予想につきましては、
試験委員発表後に、ご連絡させて頂きます。


お申し込み                    



※1 例)

平成16年6月、行政事件訴訟法は、制定以来42年ぶりに本格的な法改正がなされました。
行政訴訟は、国民の側から、行政の違法性について司法によるチェックを求める重要な制度であるにもかかわらず、機能不全に陥っており、制度改革が必要であることが指摘され続けてきました。
今回の改正による改革は、行政訴訟による国民の権利利益の実効的救済を目的とした大きな前進といえましょう。

それゆえ、問われる論点の最重要テーマのひとつであり、
行政書士試験におきましても、当然に得点配分は高くなります。
当マニュアルでは、平成23年度試験の重要分野を、
1.行政事件訴訟法 2.行政作用法 3.地方自治法 4.国家賠償 ・・・
の順としています。(不服審査法の取り扱いのみ、検討中です。)

行政事件訴訟法の基本論点

改正行政事件訴訟法の概観

  • 沿革
  • 行政事件訴訟の類型
    a) 抗告訴訟 b) 当事者訴訟 c) 民衆訴訟 d) 機関訴訟
  • 抗告訴訟の類型
    a) 取消訴訟 b) 無効等確認訴訟 c) 不作為違法確認訴訟
    d) 義務付けの訴え・差止めの訴え
  • 取消訴訟
    a) 訴訟要件 b) 取消訴訟の審理 c) 取消訴訟の判決 d) 仮の保護

改正行政事件訴訟法の内容

  • 救済範囲の拡大
    a) 取消訴訟の原告適格の拡大 b) 義務付け訴訟の2類型
    c) 差止訴訟 d) 確認訴訟
  • 利用しやすくするしくみ
    a) 抗告訴訟の被告適格の簡明化 b) 抗告訴訟の管轄裁判所の拡大
    c) 出訴期間の延長 d) 教示制度の法定
  • 仮の救済制度の整備
    a) 執行停止要件の緩和 b) 仮の義務付け・仮の差止め制度
トップページへ▲